【ボンカレーゴールド】【ボンカレーネオ】食べ比べてみた感想・口コミ/大塚食品 レトルトカレー

レトルト
【ボンカレーゴールド・ネオ】食べ比べてみた クチコミ

今回はレトルトカレーの「ボンカレー」2種類を食べ比べてみました。

「ボンカレー」ってわたしの小さい頃からあるけど、世界初の市販用レトルト食品なんだそうです!すごいですね!「ボンカレー」がなかったらレトルト食品自体、今の世の中に存在してないかもしれません。

そんな「ボンカレー」ですが、いろんな種類が販売されているんですね。

その中でも今回は【ボンカレー ゴールド 中辛】と【ボンカレー ネオ コクと旨みの中辛】を比較してみます。

いったいどんな違いがあるのか、食べてみるのが楽しみです♪

「1ページ目」では、それぞれの特徴や成分などについて。
「2ページ目」では、2つを実際に飲んで比べてみた感想・口コミレビューを書いています。

個人的な感想ですのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

【ボンカレー ゴールド 中辛】

国産じゃがいも・たまねぎ・にんじん使用。

味の特長を引き出すスパイスとカレー粉は、すべてのアイテムごとに違うオリジナルレシピで調合しています。

フタを開けて箱ごとレンジで調理。保存料不使用。

4種のフルーツ(和梨、アルフォンソマンゴー、バナナ、りんご)で、やさしい甘さのカレー。 大塚食品

【ボンカレー ネオ 中辛】

あめ色になるまでじっくり炒めた玉ねぎをベースに、赤ワインでローストしたビーフ、じゃがいもとにんじんがごろごろ。

食べごたえのあるカレーです。 大塚食品

アレルゲン、内容量、カロリー・栄養成分

ボンカレーゴールド中辛
ボンカレーネオ中辛
原材料を比較してみる
ゴールド野菜(じゃがいも、にんじん)、ソテーオニオン、牛肉、小麦粉、食用油脂、砂糖、ブイヨン(ビーフ、チキン、ポーク)、チャツネ、食塩、カレー粉、カレーペースト、りんごペースト、脱脂粉乳、乳等を主要原料とする食品、香辛料、ソテーオニオンエキス、酵母エキス、エシャロットペースト/
増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、パプリカ色素、リンゴ抽出物、香料、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・りんごを含む)
ネオ野菜(じゃがいも、にんじん)、ソテーオニオン、牛肉、砂糖、小麦粉、エキス(ビーフ、チキン)、食用油脂、カレー粉、食塩、乳製品、赤ワイン、香辛料、ぶどう果汁、マンゴーチャツネ、オニオンペースト、濃縮トマト、バター、りんごペースト、ウスターソース、酵母エキス、香味油/
増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、パプリカ色素、香料、リンゴ抽出物、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

原材料の違いで気になるのは、【ネオ】には赤ワインやぶどう果汁、濃縮トマト、バター、ウスターソースが入っているというところかなと思います。

栄養成分表示を比較してみる
内容量カロリー蛋白質脂質炭水化物/糖質/食物繊維食塩相当量
ゴールド180g154kcal4.3g6.5g20.7g/18.5g/2.2g2.3g
ネオ230g214kcal5.8g9.7g27.4g/24.2g/3.2g2.9g
(ネオ)180g167kcal4.5g7.6g21.4g/18.9g/2.5g2.27g
一番下の(ネオ)は、ゴールドと同じ180g当たりに換算した栄養成分表示です。

同じ180g当たりに換算すると、栄養成分表示の内容にあまり変わりがないですね。

ちょっと脂質が高いからカロリーもちょっと高くなってるのかな、というくらいです。

▶ こちらも気になる ▶

あたため方

電子レンジ、または、お湯であたためられます。

電子レンジOKのパッケージなので簡単にあたためられて便利です!

わたしは、上の写真のような状態でレンジに入れてあたためました。

500Wだと、ゴールドは1分40秒、ネオは2分で温められます。

湯煎なら3~5分です。

その他、つくり方や注意を読んでからつくりましょう。

ごはんは雑穀米

ごはんは雑穀米を少し入れて炊いてます(今回は少しターメリックも入れたので黄色いです)。

今回は、楽天市場などで販売されている ▼【未来雑穀21 マンナン入り】21種類の国産雑穀ブレンド

この【未来雑穀21】は「楽天スーパーDEAL」に出ているときに購入すると、ポイントがめっちゃもらえてお得に購入できるのでおすすめです♪

こちらのページで【未来雑穀21】についても少し書いてます

>「2ページ目」では、実際に2つを食べてみた感想・口コミレビューを書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました